日記

休日 #1

Avatar photo
ライター

小林 遥南

先日、お休みの日にひとりで鳥取砂丘へ行きました。

数日前から「砂丘行きたいなぁ」という気持ちがどこからともなくやってきて、その日は少し出かける予定があったので、そのあと少し足を延ばして鳥取砂丘へ。

曇り空で気候も丁度よく、平日だったこともありお客さんも少なかったので、絶好のひとり砂丘日和でした。

鳥取砂丘の入り口の正面には、とっても急な傾斜「馬の背」があるのですが、そこは人気スポット&気合が必要なので、私は入り口から入って斜め右方向へ。

そうすると、比較的なだらかな傾斜が続き、大汗かかずとも海の手前までたどり着けます。

本当は浜まで下りて海に足をつけたいなと思っていたのですが、そのためには更に急な傾斜を下る必要があり、思いとどまってその場でゆったりすることにしました。

その場での滞在時間は約1時間半。

腰を下ろして、カメラで写真を撮ったり、遠くの人をちらりと目で追ってみたり、穏やかでスローモーションのように動く日本海をぼーっと眺めていました。

(少しだけスマホで韓国ドラマも見ました。)

丁度夕暮れ時だったこともあり、雲の間から差し込む光の柱が見られたり、帰り際には真っ赤な夕日が沈んでいく様子がも見られました。

心落ち着く、とっても素敵な時間でした。

大自然の中にふらっと遊びに行けるのが、ここ鳥取の良いところですね。

自然に囲まれると、誰にも邪魔されない自分だけの時間を満喫できます。

ひとり砂丘散歩、おすすめです。

※猛暑日は半端なく暑くて危険なので、やさしい気候の日に。

まだまだ鳥取の魅力を満喫したいなぁ。

くじらみたいな岩

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

ライターのコメント

Avatar photo
ライター

小林 遥南

休みの日には、車を運転してお店をはしごします。ひとりでお買い物がてらドライブをして、やる気になったら材料を買って帰ってスパイスカレーを作るのがマイブームです。なんだかゆる~い鳥取弁と、大自然に囲まれてちょっと不便なところが鳥取の好きポイント。静かでゆったりとしたカフェや、美味しいカレー屋さんが沢山あるのも気に入っています。