日記

写真を撮る

Avatar photo
ライター

中前朱理

実はここしばらくカメラの調子が悪く、思うように写真が取れない日々が密かに続いていました。
どこに行く時も持ち歩いていたので、カメラなしで出かけることはこんなに寂しいものなのかと痛感。

よくよく考えると私が自分のカメラを初めて買ってもらったのは10歳くらいの時でした。
おもちゃに毛が生えた程度のフィルムカメラでしたが、遊びに行く時はよく連れていってました。

歳を重ね、スマホを持ってからも旅行に行く時は「映ルンです」をわざわざ持って行ったりと、なんだかんだで本格的に写真を始める前からファインダーを覗くのが好きだったんだろうな、と改めて気づきます。

色々と考えながら写真への欲望が募る日々…そんな日常にもついに終止符が…!
なんとようやく新しいカメラを購入することができたのです!!

買った当日はワックワクでカメラ屋さんから帰宅、その後すぐ用意をして撮影に出かけました。
日が沈みかける直前だったので、夕日くらいなら撮れそう!と思い車を走らせます。

ロケーションは湖山池。

夕日が良い位置に来るまで、草むらでしゃがみこんで画角を決め、狙うは雲に夕日がかかる瞬間。
茂みにいる私が怪しいのか、散歩中の小型犬にたくさん吠えられてしまいましたが、それでも写真を撮る楽しさを久々に味わい満足な1日なのでした。

こんな日はいつも以上に水面が輝いてみえますね。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

ライターのコメント

Avatar photo
ライター

中前朱理

鳥取は海も山もあって自然がいっぱい!というだけでなく、どこか懐かしい街並みや、ぬくもりのある可愛い民芸品の数々など、とにかくワクワクするものがいっぱいです。そんな素敵な景色の中でドライブするのも、お家でまったりスローライフを楽しむのも、色んな過ごし方を受け入れてくれるのが鳥取の好きなところ。普段は絵を描いたり、英語の勉強をしたり、ドライブに出かけたり、浅く広くいろんなことにチャレンジしています。