日記

小さな灯りに魅せられて

Avatar photo
ライター

中前朱理

皆様、夜はお好きでしょうか?
子供の頃は暗闇が苦手な私でしたが、今ではすっかり平気です。成長ですね。

近頃は明るすぎるインテリアにも疲れてしまい、自宅の照明をちょこっと変えてみました。
最初は少し暗くて不便かも?と思ったのですが、すぐに慣れました。
むしろ自然と眠たくなるので、夜更かししてしまうことが減って健康的です。
それになにより、小さくて温かい灯りはとっても癒されます。
もっとはやくこの生活に出会いたかった…笑

「夜は暗いもの」。
それが当たり前の姿なのに、明るすぎる夜に慣れてしまっていたのかもしれません。

鳥取の夜はとても暗いです。
ただ、暗いからこそ見えるものもたくさんあります。
満点の星空、蛍、遠くの家の温かな灯りなど…

明るく照らせばなんでも見えるわけではないんですね。
夜には夜の美しさがあって、見方を間違えると見えなくなってしまうものもある。
そんな綺麗で不思議で儚い夜が、私は好きです。

そしてもう9月。気づけば夏の太陽が沈み、秋の夜長がやってきます。
秋は私が一番好きな季節です。
皆様にも、素敵な秋が訪れますように。

▼写真は八頭町にある若桜鉄道・隼駅。夜になるととっても幻想的な姿を見せてくれます。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

ライターのコメント

Avatar photo
ライター

中前朱理

鳥取は海も山もあって自然がいっぱい!というだけでなく、どこか懐かしい街並みや、ぬくもりのある可愛い民芸品の数々など、とにかくワクワクするものがいっぱいです。そんな素敵な景色の中でドライブするのも、お家でまったりスローライフを楽しむのも、色んな過ごし方を受け入れてくれるのが鳥取の好きなところ。普段は絵を描いたり、英語の勉強をしたり、ドライブに出かけたり、浅く広くいろんなことにチャレンジしています。