日記

希少な自然の恵みに、感謝

Avatar photo
ライター

柳田 洋子

巣蜜を養蜂場さんからいただきました。
巣に入ったハチミツは初めて食べたのですが、とても濃厚。
 
ニュースで見たのですが、気候変動の影響で花は咲いても蜜を持ってなかったり、花の咲く時期がずれたりで上手く蜂も活動できないことが世界的に起こっているそうですね。
鳥取も例外ではなく、年々蜂たちは減少傾向にあるようです。
 
養蜂家の方に聞いたところ今年は1、2月に雪が多く降った影響で、女王蜂の産卵が遅れたそう。働きバチの数も少なかったそうです。
また、春が短くて急に暖かくなったことで、蜜源の移動も大忙しだったそう。

 
こういった話をお伺いすると、ハチミツは自然の恵みをいただいているなぁ、と感じます。
キラキラ輝く希少なハチミツ。
養蜂家の方とミツバチに感謝です。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

ライターのコメント

Avatar photo
ライター

柳田 洋子

365日、ほぼ毎日食べる私の家では、ハチミツは欠かせない食材。
ひと匙舐めるだけでも元気がわいてきます。
夏は、ハチミツをとろりと入れたソーダがおすすめです^^