からくないガスパチョ

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

8月も後半。アメリカの子供たちは新学期が始まる”Back to school”の時期で、日本は4月が新年度ですが、こちらでは今が新しい学年の始まりで、子供たちも新しいバックパックを背負って嬉しそうです。

みなさまは楽しいお盆をお過ごしでしたでしょうか?アメリカにはもちろんお盆はないですが、この時期になるとナスやきゅうりの牛(精霊馬)を思い出して、ご先祖様のことを考えます。日本人ですね。

と、言いながら今回はスペインのスープ(笑)、ガスパチョをご紹介します。ミキサーがあれば、あっという間にできるベーシックなガスパチョ。お子さまにも召し上がっていただけるように辛味は入れていません。レシピの他にセロリを入れたり、水をトマトジュースに変えたりしてもおいしいです。

……………………………

からくないガスパチョ

材料(2人分)
トマト…2個
きゅうり…1本
赤パプリカ…1/3~1/4個
にんにく…1/4片
水…70cc
オリーブオイル…大さじ1
酢…小さじ1
塩…小さじ1/4

作り方
材料を全部ミキサーにかけるだけ!器に入れたら小さく切った野菜(分量外)をトッピング。

*辛味が欲しい場合は、タバスコなどのチリソースをお好みでプラスしてください。

……………………………

このスープは著書『子どもと楽しむ季節のスープ〜あついスープはあついうちに、つめたいスープはつめたいうちに』でもご紹介しております。

▲お求めはAmazonかお近くの今井書店さんへ!

レシピが短かったので、野菜の写真でも…。

▲このトマトは”ヘアルームトマト(Heirloom Tomato)”という名前。

これはいつもファーマーズマーケットで買うトマトなんですが、このヘアルームトマトがトマトの原種なんだそうです。甘味と酸味のバランスが素晴らしく、味が濃くてとってもおいしいです。Heirloomは財産とか伝統の宝物みたいな意味で、このトマトの品種はまさに「財産」だったんでしょうね。よい名前です。

▲カラフルなパプリカ!この無造作に置かれている感じが好きです♡

これは美しさこの上ないパプリカ売場。紫+白のパプリカは珍しいですよね。本当にキレイです。レシピには”赤パプリカ”とありますが、何パプリカでもOKです!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

スープ料理家/株式会社マーズスープ 取締役/du Marche, LLC President & CEO
鳥取県生まれ。アメリカ・ロサンゼルス在住。商品開発の他、スープを全国の家庭に普及すべく、スープレシピの創作、執筆活動、TV出演、子供スープ教室、親子スープ教室、女性のための講演会など多数開催。