秋の味覚『無花果の白和え』

Avatar photo
シェフの気まぐれレシピ

Bistro & Bar Ritotto

秋らしい無花果(いちじく)と平尾とうふ店さんの豆腐を使った白和えです。

 

いちじくは花がないように見えることから、漢字では「無花果」と書きます。

実際には、花は果肉の中にあるそう。果実を切ると赤いツプツプしている部分がお花の部分。

あの独特の食感は花なんですね。

また、いちじくは栄養も豊富です。

アンチエイジング効果のある、アントシアニンの他、鉄分、ペクチン、カリウムなども含まれています。

旬の美味しさをそのまま食べてもいいですが、白和えにしてお料理の逸品にいかがでしょうか。

  

ぜひ、たくさんいちじくが手に入ったときに試してみてください。

  

 

秋の味覚『無花果の白和え』

 

|| 材料(4人分)

  A: 白ごまペースト 6g

  A: 濃口醤油 6g

  A: 三温糖 12g

 

  ・いちじく 4個

  ・平尾とうふ店 とろける絹とうふ 1/2丁(200g)

 

|| 作り方  

  1)「絹とうふ」を20分間ボイルする。

  2)ボイルしたとうふを15分程度かけて水気を切る。

  3)Aの調味料と共に、豆腐をブレンダーにかける。

  4)無花果の皮をむき、1/4にカットし、3)のソースをかける。

  

  

今回のレシピで使用した

こちらの商品はお取り寄せができます

  

とりのひとマルシェ 出品者

平尾とうふ店の紹介ページはこちら

   

誰かに伝えたくなる豆腐

豆腐は、日本人の生活に古くからある食材。
当たり前の存在だが、美味しい豆腐が食卓に並ぶとき、人はきっと笑顔になります。

 

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

Avatar photo
シェフの気まぐれレシピ

Bistro & Bar Ritotto

限られた日にちだけオープンする隠れ家的なビストロ&バー。
地元市場で仕入れた新鮮な食材、とりのひとマルシェでおなじみの生産者さんの食材などを使ってシェフが腕をふるいます。

不定期で、旬の食材などを使ったビストロメニューレシピを公開しています。