食の探訪録|丸瀬家の収穫祭

Avatar photo
編集長

さんいん キラリ

「丸瀬家の収穫祭」に行ってみた。事務所から車で数分、日下地域の佐陀川ほとりにある「食べれる森シュトレン」前にはオープン前から行列です。

 

元倉庫をリノベした店内、廃材やガラスを利用したオブジェのような壁とあじのある土壁、天井の梁にはミモザの葉っぱが吊るされて、清涼感の香りが漂っていた。
キッチン周りには丸瀬家のお米から焼菓子が並び、それを選ぶお客さんで盛況です。

 

中二階のテーブル席でおむすび定食をいただいた。無農薬栽培の丸瀬家の新米を、京都から応援に駆けつけたおむすび屋「山角や」さんがにぎったおむすび定食。日本各地の食材をアレンジしておむすびにする山角やさん、一粒一粒お米がたった毎日食べたい新米で、特に玄米おむすびの美味しさは格別、感動の味でした。

 

東京の書店で購入した丸瀬さんの焼菓子書籍。それが偶然地元の方だと知り、月一だけ開店するお店に訪れては焼菓子を購入しています。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

「さんいんキラリ」は山陰の厳選された『食・工芸・人・地』を季刊で紹介する文化情報誌として2004 年に創刊しました。
四季毎にさまざまなテーマで特集される山陰の豊かな自然環境、暮らしのなかで育まれた旨い料理に手仕事の工芸などを紹介し、山陰だけでなく全国の書店で販売されています。37 号から山陽方面まで取材エリアを広げ、山陰山陽の魅力を美しい写真と文章で綴っている情報誌です。