食の探訪録|愿屋

Avatar photo
編集長

さんいん キラリ

黄砂舞う今日、温かい汁物を欲して「愿屋」で昼食。

出雲風釜揚げが地元で食べたくなると使っている蕎麦屋。

最初は蕎麦湯と蕎麦、薬味の風味で楽しみ、最後にお好みで蕎麦汁を入れる。

薄い酢飯の天むすとの相性抜群です。

<さんいんキラリのインスタより>

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

「さんいんキラリ」は山陰の厳選された『食・工芸・人・地』を季刊で紹介する文化情報誌として2004 年に創刊しました。
四季毎にさまざまなテーマで特集される山陰の豊かな自然環境、暮らしのなかで育まれた旨い料理に手仕事の工芸などを紹介し、山陰だけでなく全国の書店で販売されています。37 号から山陽方面まで取材エリアを広げ、山陰山陽の魅力を美しい写真と文章で綴っている情報誌です。