食の探訪録|登月

Avatar photo
編集長

さんいん キラリ

暑くなると体が欲する鰻、今日の昼食は鰻専門店「登月」。

皮目はパリッと香ばしく、中の身はふっくらと仕上がった蒲焼に、黒々とした濃いめのタレを少なめにしてもらった至福の鰻丼です。

別冊編集と納品作業による体の歪みを施術してもらいに松江に。

爽やかな陽射しの今日の宍道湖夕景に車を止める。

太陽と嫁島、光の道がまっすぐに伸びた神々しい風景です。

<さんいんキラリのインスタより>

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

「さんいんキラリ」は山陰の厳選された『食・工芸・人・地』を季刊で紹介する文化情報誌として2004 年に創刊しました。
四季毎にさまざまなテーマで特集される山陰の豊かな自然環境、暮らしのなかで育まれた旨い料理に手仕事の工芸などを紹介し、山陰だけでなく全国の書店で販売されています。37 号から山陽方面まで取材エリアを広げ、山陰山陽の魅力を美しい写真と文章で綴っている情報誌です。