きゅうりのビシソワーズ

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

子どもたちも夏休みに入る頃、これから暑さも本番!?
先週まで日本にいたのですが、気温もさることながら湿気が高くて、それだけで体がぐったり疲れてしまいます。水分補給をしっかりしながら、無理なくお過ごしくださいね。

さて、夏野菜は水分が多く体を冷やす作用があるものが多く、その代表格はきゅうり。きゅうりはほとんどが水分ですが、カリウムやビタミンCも含まれています。今日はきゅうりを使った爽やか味のビシソワーズをご紹介しましょう。

これ、じゃがいもと玉ねぎで作る冷たいスープにきゅうりのすりおろしを加えるだけなんですが、きゅうりの香りってこんなに爽やかなんだ〜!と再認識できます。

……………………………

きゅうりのビシソワーズ

材料(4人分)
きゅうり…1本
じゃがいも…1個
玉ねぎ…1/3個
にんにく…1/2片
バター…5g
チキンブイヨン…300cc
みりん…小さじ1 1/2
塩…小さじ1
こしょう…少々
牛乳…150cc

作り方
1:にんにくはみじん切り、じゃがいもと玉ねぎは薄切りにする。

2:鍋にバターとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら玉ねぎを入れて中火で炒める。玉ねぎがしんなりしたらじゃがいもを入れて炒める。

3:チキンブイヨンを入れて、ふたをして弱火で15分煮る。

4:みりん、塩、こしょうを入れて火を止め、ハンドミキサーで滑らかなペーストにする。

5:粗熱が取れたら牛乳とすりおろしたきゅうりを加えてよく混ぜ、器に入れて冷蔵庫で冷やす。

……………………………

▲これはアメリカのきゅうり。短いものや、長いものや。日本のきゅうりに比べるとかなり太めです。

個人的な感想ですが、日本のきゅうりは味が濃くて身が詰まってる?感じがします。と言いますのが、アメリカのきゅうりは結構太めで水気がさらに多く、中はふにょっと柔らかいからです。きゅうりはパリンっとした日本のものがいいなーと、いつも思います。

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

スープ料理家/株式会社マーズスープ 取締役/du Marche, LLC President & CEO
鳥取県生まれ。アメリカ・ロサンゼルス在住。商品開発の他、スープを全国の家庭に普及すべく、スープレシピの創作、執筆活動、TV出演、子供スープ教室、親子スープ教室、女性のための講演会など多数開催。