自家製チキンブイヨンとミネストローネ

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

今日は冷蔵庫のお掃除スープのおはなし。

みなさんお使い?かもしれないチキンスープの素。最近は化学調味料無添加のものも多く出てますが、個人的にはどーもみんな同じ味のスープになってしまうので、私は使いません。でも、料理の教科書のように、丸鶏からチキンスープを取るなんて面倒なことはなかなかできるものではありませんよね。

そこで、もう何十年も続けているのが、くず野菜と鶏のひき肉を使った自家製チキンブイヨン作り。安価に簡単にたっぷり作って小分けにパックして冷凍保存をしておくと、いつでもおいしいスープが作れます。

日頃の台所仕事から、にんじんのヘタ、セロリの筋、玉ねぎの半分茶色いから捨てちゃうようなところ、ブロッコリーやキャベツの芯、しいたけの軸、などを、都度都度冷凍庫に保存して、保存袋がいっぱいになったら、安い鶏のひき肉を買ってきて煮出します。それだけ。

▲ このくらい溜まったら自家製ブイヨンの作りどき!

………………………………………

自家製チキンブイヨン

材料(仕上り800cc程度)

野菜の皮や切れ端…100g

鶏ひき肉…100g

水…1リットル

▲ 混ぜないで、静かに煮出します。混ぜるとスープが濁ってしまうので。。。

作り方

1:鍋にすべての材料を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にしてふたをせずに1時間煮る。

2:粗熱が取れてから、ボウルの上に漉し器(またはザル)をのせ、スープを漉す。

※冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月程度保存可能。

………………………………………

これを400ccずつ小分けにして冷凍しておくと便利です。
便利ついでに、冷蔵庫の野菜の残り野菜をなんでも使ったミネストローネのレシピを。パスタをポキポキ折って入れちゃう楽しいおいしいスープです。(本『子どもと楽しむ季節のスープ』より)

………………………………………

ミネストローネ ポキポキパスタ入り

材 料(2〜3人分)
たまねぎ…1/2個(120g)
にんじん…1/2本(80g)
セロリ…1/3本(30g)
じゃがいも(小)…1個(100g)
トマト(小)…2個(200g)
にんにく…1/2(3g)
ロングパスタ…10本
チキンブイヨン…400cc
オリーブオイル…小さじ2
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
バジルの葉…2枚+トッピング用

作り方
1:にんにくはみじん切り、ほかの野菜は1cm角に切る。

2:鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら中火でたまねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、トマトの順に入れてよく炒める。

3:チキンブイヨンを入れて、沸騰したら弱火にし、パスタを1.5cm幅に折って鍋に入れる。

4:15分煮込んだら塩、こしょうで味をととのえ、みじん切りにしたバジルの葉を加えて火を止める。

………………………………………

ミネストローネは、この野菜じゃなきゃいけない!ということはないので、なんでも使って作ってみてください。

別の日作ったミネストローネは、冷蔵庫にちょこっと余っていたキャベツ、しいたけ、そしてレンズ豆などを入れました!

▲ そして冷蔵庫がすっきりしたという、お掃除ミネストローネ!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineでシェア
  • pinterestでシェア

記事を書いたひと

Avatar photo
スープ料理家

東條真千子

スープ料理家/株式会社マーズスープ 取締役/du Marche, LLC President & CEO
鳥取県生まれ。アメリカ・ロサンゼルス在住。商品開発の他、スープを全国の家庭に普及すべく、スープレシピの創作、執筆活動、TV出演、子供スープ教室、親子スープ教室、女性のための講演会など多数開催。